CEC Global Screening of “Closing the Loop“- CEC Tokyo

2019.03.01

世界循環経済フォーラム2019に参加した時に知り合った、Circular Economy Business DevelopmentのSannさんにお誘い頂き、パネリストとして参加した。

そのフォーラムで衝撃的だったのは循環経済の捉え方の違いだ。

日本は単にリサイクル、リユース、リデュースと言ったいわゆる3Rの推進のイメージで動いているが、ここで言っている「サーキュラーエコノミー」とは、それら3Rはもちろんのこと、モノを作る前から循環させることを計画した上で、全てを循環させようとするものだ。

日本人と外国の方との比率は半々くらいか、外国人の方が多いくらい。それにしても循環経済に対する関心と本気度が伝わってくる。

Sannさんがモデレータとなり私の他に、あらゆる包装材やパッケージなどの先進的なアップサイクルを展開するテラサイクルジャパン 日本代表者のエリック カワバタ氏、そして徳島県上勝町のサステナブルなまちづくりを推進するゼロ・ウェイストアカデミー 理事長の坂野 晶氏がパネラーとなり、進められた。

観客も含め通訳は私を除きなしで進行。英語力の必要性をヒシヒシと感じる。

ユニークだったのはパネルディスカッションのスタイル。世界初のサーキュラーエコノミーをテーマとした映画『Closing the Loop』をリサイクルやアップサイクルなどパートに分けて鑑賞した上でパネラーがその都度登壇、Sannさんの質問に答えていくというもの。

モノを作る前から循環経済としてどのようなループが回せるのかを考えること。

循環経済の確立こそが持続可能な社会形成の基本。

パネルディスカッション後、Sannさんから頂いたノート

表紙を開くとこんな書き込みが。

素敵なプレゼント!

いろいろなことを感じさせてくれた、エリックさん、坂野さん、Sannさん、そして参加された皆さんに心から感謝している。

おわり

会社案内にESG・SDGs要素をプラス!「会社案内+α」展開中

連携や協働、講演、ゼロカーボンプリントのご相談など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

instagramも更新中!→tetsuo_ohkawa

テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp To Date~大川印刷」

 

 

 

私たちは、社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニーとして、
持続可能な社会の実現をめざして活動しています。
環境印刷やSDGs経営に興味がある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

PRINTING PORTFOLIO

印刷作品集

記事一覧へ

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

5月 MAY
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
休業日午前のみ営業
6月 JUNE
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
休業日午前のみ営業
2019-05-01 1559347200