メディア

気候危機を救う「3.5%」は誰なのか?

メディア

2020.10.12

こんにちは。パダワン(新入社員)宮﨑です。

先日、朝日新聞のweb論座に寄稿させて頂きました!

タイトルは、

「気候危機を救う『3.5%』は誰なのか?」〜「僕は嫌だ」と言えない「僕が嫌だ」〜です。

今回は前半後半の2回にわけて、お届けします。

 

「何が気候変動だ、気候危機が何だってんだ」
前回の論座から半年後。

会社への就職。予期せぬコロナ禍。
昨年のグローバル気候マーチから1年経た今、感じていること。
前半では、当時の感情や情景を踏まえて、さらに今月のラストライブをもって活動休止することを発表した欅坂46というアイドルを一つの象徴にして綴りました。

後半では、「拘束されているときに『不協和音』の歌詞がずっと頭の中で浮かんでいました」
という、香港の民主活動家、周庭(アグネス・チョウ)さんの一言から、おじさん社会に抗うレジスタンス小説を引用し、気候危機を救う「3.5%」の存在に迫ります。
欅坂46のラストシングル、
「誰がその鐘を鳴らすのか?」は、まさにその「3.5%」を言い表しているように思えてなりません。
ぜひご一読ください。

私たちは、社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニーとして、
持続可能な社会の実現をめざして活動しています。
環境印刷やSDGs経営に興味がある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

PRINTING PORTFOLIO

印刷作品集

記事一覧へ

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

10月 OCTOBER
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
休業日午前のみ営業
11月 NOVEMBER
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
休業日午前のみ営業
2020-10-01 1604188800