「持続可能な脱炭素社会を目指す、企業ブランドの挑戦。」~アディダスジャパン

2018.11.22

横浜市立大学のエクステンション講座がおもしろい。

この講座は横浜市立大学主催、横浜市地球温暖化対策統括本部共催

今回のシリーズは「持続可能な脱炭素社会を目指す、企業ブランドの挑戦。」と題し、前回はIKEAさん。

そして今回はアディダスさんだ。

トップの写真は廃棄されたプラスティックから再生された繊維を使って作られた「パーレイ」というシリーズ。世界では大きな話題となっている。このシューズ1足につき、およそ11本分のペットボトルがゴミとして海に流れ込むことを防いでいることになるという。

アディダス 公式HP

以下はメモなので不正確な点もあることをお断りしておく。

ノーダイコレクションは染色しない素材のままのウェアシリーズ

環境負荷軽減とビジネスを両立させる。そのため新素材や新エネルギーに関しても余念がない。

日本では年間9万トンの古着が埋め立てられている。

地球の70%の水のうち飲み水は1%(!)

→本当かなと思って調べてみた➡国土交通省 水資源

1km走ると1ドル寄付をするという「Run for the Ocean」

1キロ走るごとに1ドルを PARLEY OCEAN PLASTIC PROGRAMに寄付。ランニングを通して海洋プラスチック汚染に歯止めをかける。

世界中のランナーが走っている。

ランニング総距離が100万キロに達すると、アディダスがPARLEY OCEAN PLASTIC PROGRAMに100万米ドルを寄付するというもの。

Run for the Ocean公式

製品が買ってもらえるようになるのはサステナブル+αが必要。それは「カッコよさ」であったり、「心地よさ」であったり。

2016年「パーレイ」発売

2017年「パーレイ」100満足達成

2022年 バージンポリエステルの使用をゼロに

Creating The New 3C

Collaboration

Confidence…自信をもって仕事をする

Creative

ちなみにパーレイシリーズは標準的な製品でも2万円を超える。通常のシューズの大体1.3倍の価格とのことだ。

それでもパーレイをリリースした時、アディダス 社始まって以来の記録的なwebアクセス数を記録したという。

海外での売れ行きを好調だが、日本ではまだ今ひとつのようだ。広報に力を入れるとおっしゃっていた。

モルディブ沖で回収されたプラスティック。それがこんなに美しいシューズになるとは!

・・・と、その夜ネットでセール品を見つけ購入したのであった。

おわり

プラスティックを使わずFSCの紙のリングを使ったセパレートエコカレンダー

「セパレートエコカレンダー」

ゼロカーボンプリント、中小企業経営におけるSDGsの実装など、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

instagramも更新中!→tetsuo_ohkawa

テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp To Date~大川印刷」

 

 

私たちは、社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニーとして、
持続可能な社会の実現をめざして活動しています。
環境印刷やSDGs経営に興味がある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

12月 DECEMBER
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
休業日午前のみ営業
1月 JANUARY
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
休業日午前のみ営業
2018-12-01 1546300800