SDGsを考えるだけでなく行動する人たちを増やす〜第1回「川でつながるSDGs交流会」く

2018.09.05

第1回「川でつながるSDGs交流会」が開催され、企業・行政・NPO・市民など多様な方々およそ40名が集まった。

トップの写真は私にとって嬉しい写真。写っているのはお世話になっている方々、神奈川県さん、横浜市さん、 NPOや企業の方々。

なかなか神奈川県と横浜市の職員の方々がこのように一緒になって交流することは多くはないのではないか。

SDGsや温暖化対策の推進、地域の課題解決などを担っている錚々たる面々だ。

それぞれ色々な立場があるが、「共通の目標としてSDGsの目標達成にみんなで手を取り合って行こう!」と気持ちを一つにした瞬間。

素晴らしいではないか!

タイムリーなことに神奈川県が9月4日に神奈川県さんが「かながわプラごみゼロ宣言」を行った。

そして今回の交流会開催、タイミング的には最高のタイミングだった。

太陽住建の河原社長から「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」の説明。

それにしても多くの方々が参加された。関心の高さがわかる。

そしてカメラマンの豊田直之さんからOh!Okagawa Newsと活動の紹介。

大岡川のプラスチックごみのことなど、日枝小学校の子供たちが関心を持って活動に協力してくれている。

そしてNHKで豊田さんの取り組みが海外へも発信されるという。

放送は9月7日20時から、NHK WORLD-JAPANにて。翌日からは番組のサイトにアップされるそうだ。

この会は2ヶ月に一度緩やかに、しかし真面目に開催していこうと考えている。

川は横浜だけでなく神奈川じゅう、日本じゅう流れている。

神奈川県ホームページより引用

まず身近な川の環境からプラスチックごみの問題や環境改善に関する問題を流域の人々・企業に考えて頂こうと言うもの。

毎回スピーカーには1時間ほどの講演をして頂き、SDGsやそれに関連する課題や情報など、知識を学ぶとと共に、考えるだけでなく交流会を通じてパートナーシップを推進、行動する人々を産み出していくことを目的とする。

第1回は私からお話しさせて頂いた。

時流や企業を取り巻く状況の変化、そして自社の取り組みから、今後どのように展開していきたいか、自社およびステークホルダーを絡めて発表させて頂いた。

懇親会では大ど根性ホルモンの椿さんの美味しく可愛らしい軽食をつまみながら、とにかく皆さん盛り上がってくださった。

 

神奈川県の山口理事

 

横浜市の関口さん

 

 

次回は11月。

乞うご期待。

おわり

 

プラスチックごみや地域の環境改善を川から考えるフリーペーパー「Oh!Okagawa  News」、中小企業で取り組むSDGs、印刷物の環境配慮についてのご質問、お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!  お問い合わせ

instagramフォロー是非お願いします。→tetsuo_ohkawa

テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp To Date~大川印刷」

 

 

私たちは、社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニーとして、
持続可能な社会の実現をめざして活動しています。
環境印刷やSDGs経営に興味がある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

PRINTING PORTFOLIO

印刷作品集

記事一覧へ

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

7月 JULY
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
休業日午前のみ営業
8月 AUGUST
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
休業日午前のみ営業
2019-07-01 1564617600