インタビュー

【就活応援企画】従業員インタビュー~企画・デザイン課編~

インタビュー

2018.03.27

大川印刷では就活応援企画として、各部門の従業員のインタビューをシリーズでお送りしております。二人目は前回の宇賀神さんと同じく2018年4月で入社4年目になる企画・デザイン課の清水未来さんに大川印刷での仕事について話していただきました。

―まずは1日の仕事の流れを教えてください。

清水さん:1日の始まりは朝礼からスタートします。朝礼では各自理念やテーマについて話したり、情報共有を行います。
その後、各業務にとりかかります。

まずはじめに行うのは校正業務です。企画・デザイン課内で、お互いに作成したものが最良の形で作成・修正できているかを確認し合います。
その後、デザイン業務にとりかかり、複数件のデザイン・DTPを行います。
そして、デザイン業務の間で時間をつくり、WEB業務をします。主にHP上への新規記事作成・管理運営などを行います。

それと平行して、電話対応も行っていきます。日や場合によって、来客対応・お客さまとの打ち合わせ、WEB業務に関連する編集会議・企画営業会議、セミナーへの参加 等も行います。

―仕事をする中でやりがいを感じたことは何でしょうか。

清水さん:色々とあるのですが、大きくわけると3つあります。
3つ目は、お客さまと共に試行錯誤を重ねて、最終的に一つのものが出来上がった瞬間です。制作の過程で、お客さまの目的を達成するため、本文の内容も含め最適な伝え方・表現になるように提案を行っています。
2つ目は、出来上がったものが実際にエンドユーザーの方の手に渡り、様々な反応いただけたときです。
3つ目は、そういった一つ一つの仕事の積み重ねから、お客さまに信頼のお言葉をいただけることです。

―逆に仕事で大変だったこと、つらかったこと、失敗したことは何でしょうか。

清水さん:色々とありますね。大変なことも、つらいことも、失敗したことも。
それらを経験したことで、「ネガティブなままで終わらせないこと」の大事さを学びました。
特に「失敗」というのは、すぐに自分の成長につなげることができるので、しっかりと反省し、原因の追求をして、どう活かすかや改善するかを必ず考えるようにしています。

―今、会社で働く中でモチベーションになっていることは何ですか?

清水さん:「やりがいを感じたこと」の中でお話させていただいている内容の他には、尊敬する先輩方や同期がいることですね。
先輩方や同期達の活躍をみて、「もっと頑張ろう!」という気持ちになります。

―社内の雰囲気や上司や部署間との関係性はどうですか?

清水さん:とにかく人が良いです。困っていると、すぐに声をかけて解決しようと動いてくださって、人柄の良さやあたたかい雰囲気があります。
また、仕事は勿論それ以外の話題も話しやすい雰囲気があります。当社はとくに年齢層が広く、経験豊富な方が多いので、そういった方とお話できるのはとても勉強になります。

―自社の強みは何だと思いますか?

清水さん:いろんな場面で、皆でひとつのことに向かって協力するパワー・団結力の凄さを感じることがあります。
あとは、人としての感性を大切にしているところです。それは、理念やビジョンに刻まれ、環境印刷やCSR、SDGsなど、実際的な行動に結びついています。

―会社では今後どんなことをしたいと考えていますか?

清水さん:デザイナーとして頼れる存在になることですね。
企画・デザイン課は、先輩が皆経験豊富で個性豊かな先輩ばかりで。自分ももっとたくさん学んで経験して、自分の個性を活かした形で頼れる存在になれたらと思います。

―会社や進路選びをするにあたって大事にしていたことは何ですか?

清水さん:もともとデザインの仕事をしたいという想いがあったのですが、様々な会社の説明会に行くなかで、大川印刷は会社としての考え方(理念、ビジョンなど)がしっかりとしていて素敵だなと感じました。
組織人である以上、会社としての考え方に沿って行動していくことになるので、そういったところが明確にあり、共感できる会社に勤めたいという想いがありました。

―最終的に大川印刷への入社を決めた理由は何ですか?

清水さん:一言でいうならば、「ひと」だと思います。
どんな会社も、最終的には「ひと」でできているので、そこに良さを感じられるかどうかは大きかったですね。

―入社前と後で変わったこと、成長したことは何でしょうか?

清水さん:最も変わったところは、自分の意見をきちんと話せるようになったことでしょうか。
お恥ずかしいのですが、かなり口下手で、意見があっても緊張してうまく口に出すことができない性格でした。
入社して、発信することや「言うべきことをきちんと言えること」の大切さをひしひしと感じ、努力を重ねていきました。毎日朝礼で自分の意見を話す機会があることも、大きかったと思います。

―大川印刷で活躍する人の共通点は何だと思いますか?

清水さん:「自分事として考えられる」、「色々なことに挑戦する」、「粘り強く課題に立ち向かう」、「感謝ができる」、「人を巻き込むことができる」というところがあると思います。

―仕事が終わった後、休日の過ごし方について教えてください。

清水さん:平日は過集中ぎみなので、休日のうち1日は家で好きなことだけをして、のんびりとすごすことに決めています。もう1日は友人とはじけたり、姉と外出したりしてすごしています。休日に色んなものを見て・聞いて・話すことは、デザインに活かされていることも多いです。

―プライベートと仕事を両立させるための秘訣を教えてください。

清水さん:しっかり休養できる時間をつくること。しっかり休まなければ、どちらも充実してできないためです。

―あなたにとって一言で大川印刷の魅力は何でしょうか?

清水さん:「ひと」です!
「社内の雰囲気」の項目でもお話しした「人柄の良さ」は勿論の事ですが、
当社にはたとえ困難なことだとしても、共に課題に向かって取り組んでくれる仲間がいます。
それは心強く、何にも代え難い魅力ではないかと感じています。

清水さんの話を聞いていて、仕事内容だけにとどまらず、同じ職場で働く人からの影響や温かい職場の雰囲気が清水さんを一人のデザイナーとして成長させているのではないかと感じることができました。
大川印刷では本業を通じた社会・地域貢献を一緒にしていく仲間を募集しています。
毎週水曜日にはオープンファクトリーも実施しています。環境・社会問題、ものづくりに興味ある方はぜひお問い合わせください

Interviewer&Editor:泉 光太郎

Photo:今井 俊志

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

7月 JULY
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
休業日午前のみ営業
8月 AUGUST
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
休業日午前のみ営業
2018-07-01 1533081600