ブログ

行政・民・地域企業・生産者連携のモノづくり~「ともだちウィートエール」ビールお披露目会

ブログ

2018.01.26

北海道下川町の小麦と横浜戸塚・平戸の梨を使ったビール、「ともだちウィートエール」が出来上がった。

世の中にはコラボ商品といわれるものが数多く存在するが、この商品はそれら商品とは大きく異なる。

つながりの深さや想いの強さが半端ではない。

2011年、下川町と横浜市が共に「環境未来都市」に制定される

同年、下川町と戸塚区の川上地区連合町内会友好協定を締結

2014年、戸塚区と関係者が下川町を視察、下川町「とつかの森」に植樹

2016年、「下川町交流会」として下川町の子供たちが大川印刷を工場見学

同年、大川印刷はCO2ゼロ印刷を開始、北海道下川町のバイオマス事業等をクレジットとして活用し、カーボンオフセット

2017年、横浜ビール太田社長から連絡をいただき、両町区をつなぐ商品の企画についてお話を頂き、ビールのラベル等をデザイン・印刷

そんなさまざまな交流を通じて、みんなの想いが詰まったビールが完成した。

 

横浜ビールの太田社長

下川町の谷町長。なお下川町は「第1回ジャパンSDGsアワード」内閣総理大臣賞を昨年12月受賞されている。これからきっと世界から注目されるだろう。

北海道下川町議会、木下議長

戸塚区、田雑区長

川上地区連合町内会、田中会長

深田醸造長の発声で乾杯

肝心の味の方はと言うと・・・

これが実にうまい。すっきり軽めでさらりとした感じでありながら、香りも楽しめる。上々の出来だと思う。

そしてスカイプで下川町とつながり、一緒にカンパイ!

皆さんのうれしそうな生き生きとした表情が何とも言えない。

下の集合写真は、この商品づくりに携わってきた人たち。行政の方々と横浜ビールさんと大川印刷のカメラマン・デザイナー・営業スタッフの面々だ。満足そうな表情。前述のような長い間の交流の上に、製品が出来上がったからこその表情なのだと思う。仕事から得られる真の満足感を実感したひと時だった。

がっちり握手、「いい仕事ができましたね」とこの後、語り合った。

両町区と人々の友情は今日、目に見えるカタチとなった。

これが終わりではなく、ここからがスタート。

友情は更に紡いでいく。

ビールのお問い合わせはこちらまで→横浜ビール

おわり

テレビ神奈川「神奈川ビジネスUp To Date~大川印刷」

私たちは、社会的課題を解決できるソーシャルプリンティングカンパニーとして、
持続可能な社会の実現をめざして活動しています。
環境印刷やSDGs経営に興味がある方はお問い合わせください。

お問い合わせ

PRINTING PORTFOLIO

印刷作品集

記事一覧へ

CONTACT

お気軽にお問い合わせください。

印刷に関するお問い合わせや、
デザイン・SDGsに関する課題解決の企画、その他ご意見などは
こちらよりお問い合わせください。

SCHEDULE

営業時間 : 平日 8:30AM〜5:30PM

6月 JUNE
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
休業日午前のみ営業
7月 JULY
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
休業日午前のみ営業
2019-06-01 1561939200