ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

事例13

神奈川県タクシー協会様・フェリス女学院大学様         みなとみらい・横浜三世代タクシーのご提案

神奈川県タクシー協会様とフェリス女学院大学 国際交流学科 横浜学ゼミ様のコラボレーションによる神奈川観光タクシープロジェクトに企画から参加。 かながわ観光タクシープロジェクトの更なる普及、認知の向上と三世代が楽しめ、家族の絆を深めることができるレジャーとしての横浜ツアーの提案をいたしました。また、撮影や「みなとみらい・横浜三世代タクシー」のWEBサイト、パンフレットの制作をさせていただいております。

企画内容について

足腰が弱くなって家に引きこもりがちのおじいちゃん・おばあちゃん、小さい子を連れて買い物するのは大変なお母さん、そんな家族の絆を深めるために、快適な移動とが可能なタクシーでのツアーを提案。そして、「敬老の日のプレゼント」「県外から来る祖父母に横浜を案内」「孫の誕生日に記念になる事をしたい」など、特別な日の「プレゼント」としても訴求しました。

子どもにとって普段なかなか会えないおじいちゃん・おばあちゃんと楽しめる時間を、祖父母にとっては可愛いお孫さんと触れ合うことができるかけがえのない時間を、お父さん・お母さんにはなかなかできない親孝行やお互いの非日常を楽しみ笑顔を見せ合う、そんな機会を創出します。

課題解決につながる企画提案

前回、他社で作られたパンフレットにはフェリス女学院大学とのコラボレーションであることや、横浜のガイドもできる特別なドライバーの「認定ドライバー」の周知ができていなかったこともあり、今回はそこも訴求できるような企画も同時に提案いたしました。

パンフレットについて

実際にパンフレット制作にあたり、コースの選定などフェリス女学院大学 国際交流学科 横浜学ゼミの学生達にコースを体験してもらい、その模様を撮影。 さらに学生さんから一名、ご家族(祖父母・お母様)と共に観光タクシーを利用して頂きその模様もパンフレットに反映させました。 学生様やそのご家族からも大変ご好評をいただき、この企画の意味や意義を再確認できました。

パンフレットの表紙には「横浜ひとまち百景」の使用を提案しました。コースを廻ってもらった学生様から記憶に残る風景を二ケ所提案していただき、その風景(山下公園の氷川丸港の見える丘公園の展望台)を「横浜ひとまち百景」としてイラスト化し表紙のデザインへ使用しました。

実際に三世代家族にご利用頂き、その模様を間近で見ることができ、お話を伺えたこと、大変喜んで頂けた事を確認でき、社会的にも大変意義のある企画を立案できたと感じました。

神奈川新聞に掲載

「みなとみらい・横浜3世代タクシー」は、2016年06月07日の神奈川新聞に掲載されました。詳しくはこちらから!

写真

パンフレット

写真

神奈川新聞に掲載


サブコンテンツエリアはここからです。
企業情報